ララインサール村ミニショルダーバッグA | Duraznito ドゥラスニート

1/17

ララインサール村ミニショルダーバッグA

¥6,600 tax included

SOLD OUT

Shipping fee is not included. More information.

A:ホワイト*水色 420
B:マスタード×クリーム 420 Sol out
C:ディープアクアグリーン×ラズベリー 420 Sold out
D:ホワイト×ベージュ 420
E:ホワイト×ネイビー、パープル 420
F:ベビーピンク×ライトグレー 420 Sold out
G:マスタード×マルチカラーNudo(シナカンタン村)330
H:イエロー×ターコイズグリーンストライプ 330

メキシコ南部チアパス州の山間に位置する小さな村、サン・アンドレス・ララインサール村で作られた一品です。

マヤ民族伝統の"腰織り"で織り上げられた一枚布から、ショルダーバッグに仕立て上げられました。
ファスナー部分に同色のフリンジが付けられている所も、気分が上がるポイントです☺️

内側はクッション素材が付けられているので、携帯電話などを入れても安心のしっかりした造りとなっています。

シンプルなコーディネートへの一点投入で、着こなしのアクセントに☆
着こなし次第で、カジュアルにも大人っぽくも合わせていただけます。

紐の長さは調整していただけますので、短くすることによってより大人っぽくエレガントに。
短い斜めがけにすると、サコッシュのようにもお使いいただけます。

当店の在庫は、全て一点ものです。
誰とも被ることのない、あなただけの着こなしのアクセントにしてお出かけください☺️♪


・・・・・”腰織り” とは?・・・・・

柱と木の棒を使って経糸(たていと)を張り、腰帯と呼ばれるベルトを腰の後ろにぐるっと回して固定する、とてもシンプルで原始的な織り機の形です。
使う道具はとてもシンプルですが、”片面縫い取り織り”という技法はとても細かく、模様が浮き出て見えるのが特徴です。

一段ずつ進めるごとに緯糸(よこいと)を差し込み、それぞれの模様に仕上げていきます。
デザインは全て頭の中に入っていて、糸の目を数えながら何色もの糸を使って織り上げていく姿は熟練者の為せる技です。


素材 :コットン100%
サイズ:横19.5cm・高さ14cm・マチ4cm
紐の長さ137cm 

*水に濡れると色落ちの可能性がありますのでご注意ください。
*開閉時にフリンジ部分を引っ張ると破損の原因となります。
 金具にて開閉をお願いします。
*全て、マヤの先住民の職人達による手仕事となっております。
 多少の歪みやズレが生じる可能性がありますが、手仕事ならではとご了承くださいませ☺️

*商品はメキシコからの直送となります。
*商品に関する質問などがあれば、お気軽にお問い合わせくださいませ。

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥6,600 tax included

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品