手織り 織物クッションカバー/ララインサール村 ウォーターグリーン×緋色

メキシコ南部チアパス州の山間に位置する小さな村、サン・アンドレス・ララインサール村で作られた一品です。

マヤ民族の伝統的な腰織り機を使って織り上げられた一枚布を、クッションカバーに仕立てました。

ウォーターグリーンと緋色の組み合わせ。
メキシコで作られた色ながら、洋室はもちろん和室にも合う色の組み合わせがとても新鮮です。
使うお部屋を選びませんので、贈り物にもお勧め☆

落ち着いた色の中にも、パッと浮き上がる織り模様がお部屋を華やかに彩ってくれます☺️



・・・・・”腰織り” とは?・・・・・

柱と木の棒を使って経糸(たていと)を張り、腰帯と呼ばれるベルトを腰の後ろにぐるっと回して固定する、とてもシンプルで原始的な織り機の形です。
使う道具はとてもシンプルですが、”片面縫い取り織り”という技法はとても細かく、模様が浮き出て見えるのが特徴です。

一段ずつ進めるごとに緯糸(よこいと)を差し込み、それぞれの模様に仕上げていきます。
デザインは全て頭の中に入っていて、糸の目を数えながら何色もの糸を使って織り上げていく姿は熟練者の為せる技です。


素材:コットン
サイズ:54cm×54cm


*水に濡れると色落ちの可能性がありますのでご注意ください
*お洗濯の際は、単品にて手洗いをお勧めします
*全て、マヤの先住民の職人達による手仕事となっております。
 多少の歪みやズレが生じる可能性がありますが、手仕事ならではとご了承くださいませ☺️

*商品はメキシコからの直送となります。
*商品に関する質問などがあれば、お気軽にお問い合わせくださいませ。

¥ 8,200

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • FedEx

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 800JPY
Report